土地を持っているなら不動産担保ローンがメリット有り

どのローンにしてもリスクがあるなら低金利が有利

どのローンにしてもリスクがあるなら低金利が有利不動産担保ローンは追加融資が受けづらいので注意不動産担保ローンにまとめて利息を節約

私は親から譲り受けた土地を持っていますが、まさか不動産担保ローンを利用することになるとは思いませんでした。
私にとって思い出もつまっている土地なので、絶対に手放したくないです。
担保に入れてしまうと、借金を返せなくなったときに没収されてしまいます。
しかも、希望の価格では売れずかなり安く売られてしまうという話です。
若いころは消費者金融を利用したりクレジットカードでキャッシングをしたりしていました。
社会人経験を積んでいくうちに、私は自分が未熟だったことを知ります。
考えてみれば、消費者金融などからの借金を返せなくなったらどちらにしても土地を売らなければならなくなります。
土地という資産を残したまま借金を踏み倒すことなど許されるはずはないからです。
どちらにしてもリスクがあるなら、金利が低い方法で借りたほうが賢いということに気が付きました。
不動産担保ローンは金利がとても低いですが、カードローンと比べたときに不便もあります。
それは、限度額の範囲内で自由に追加融資を受けられないことです。
クレジットカードのキャッシング枠も同じですが、枠の範囲内なら自由に借りたり返したりできます。
不動産担保ローンではそうはいかず、最初に一度借りたら毎月決まった金額を返していくだけです。